2009年06月22日

完治しました。

疲労骨折ですが、

先週の月曜日に医者からOKのお墨付きを貰いました。

火曜日からノックを受けているようです。

週末の練習試合では出番が無く、バットボーイのみでした。

ケガが治ったばかりの1年生なのですから

ここは我慢するしかありませんね。



ショートのレギュラーである3年生は打撃の調子が上向き、

第二試合ではシングル2本にツーベース1本。

いずれもきれいに三遊間・左中間に流し打ち。

最終打席は完璧に引っ張ったもののライトバックして好捕。

内容的には4安打という感じで、

いいお手本でした。

本人が先輩の打撃をどう見て感じたのかわかりませんが、

ウチの息子が目指すバッティングはこんな感じだろうと思いました。



私が3年生レギュラーの彼のバッティングを見た感覚では、

バットを振るのではなく、

しっかりミートすることを心掛ける感じ。

フォロースルーはミート後の流れで付いてくるイメージです。



打てない時はバットを振ることに一生懸命になりますが、

そうではなく、

いかにミートするか、どうやったらミートできるか・・・だと思います。

金属バットですから、しっかりミートできたら

ボールは飛んでいくように思います。

もちろん、ホームランというイメージではなく、

三遊間を抜けるヒットや左中間を破るヒットのイメージです。



頭で考えたら何でもできそうに思いますが、

実際はそんなに簡単なことではないのですよね。

やってる本人だっていろいろ考えているのでしょうが、

見ていると、どうももどかしくてしかたないのです。




posted by 高校野球.com at 15:51| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

疲労骨折!

足の甲が痛いことは前にお話しましたが、

なかなか良くならず、腫れも引かないため、

別の整形外科に連れて行きました。

疲労骨折とのこと。

痛みが出た当初はレントゲンに写らなかったのでしょう。

だいぶ治りかけているそうなので、

くれぐれも無理はしないようにと言われてきました。


少し良くなってノックを受けていたのが

いけなかったのだと思います。

1週間で骨は完治するだろうと思いますが、

さらに1週間はリハビリということになりそうです。

無理は禁物とわかっていても

自分なりに良くなったと思えば動きたくなるのですね。

このあとは自然治癒力にまかせるしかありません。

とりあえず上半身強化週間ということです。


息子の高校野球は始まったばかり。

まだまだ先は長いです。

これを教訓にして、

できることを精一杯頑張ってもらいたいですね。


『人間万事塞翁が馬』というたとえもあります。

前を向いて、全てがプラスだと言い聞かせていきたいです。
posted by 高校野球.com at 12:43| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。