2009年10月22日

三遊間のゴロ

久しぶりの記事投稿です。

先週の土曜日は私も休みでして、

久しぶりに息子の練習試合を観戦することができました。

第一試合は出番がありませんでした。
終盤はキャッチボールをしていたので、
守備固めで出る雰囲気がありましたが、
残念でした。

第二試合はフル出場でした。

バッティングは・・・。
三振1、送りバント1、内野安打(セーフティバント)1、四球1
という結果でした。

ショートの守備は・・・。
いつもより守備位置が深めでした。
そして・・・、
相手四番バッターの痛烈な
三遊間を抜けるかというゴロを
なんと、逆シングルではなく、
深い位置で正面に入り込んで捕球。
遠投も及ばず、セーフにしてしまいましたが、
普通なら飛びつくくらいの位置ですが、
かろうじて順手で捕球したのです。
これには驚きました。
今までの息子では考えられません。
ゴロのスピードに追いついたことが信じられないのです。

このプレーについて家で息子に聞いたところ、
『遊撃手論』という本の中に、
ショートの上手下手を見分ける目安として、
守備位置の深さに関係があるとのこと。
守備位置が深い選手は、守備範囲が広く強肩の選手に多く、
守備に自信を持っている選手ということです。
それを読んだ息子は、試合で試してみたということです。

それにしても、
三遊間に飛び込むのがカッコイイと言っていた息子。
それも確かに認めます。
でも、飛び込むよりも正面に入って捕球した方が
確実だということも理解してきたようです。

本当に上手な選手はファインプレーが少ないらしいですね。
一見派手なプレーには賞賛の声が上がり、自慢したくなりますが、
状況判断や反応の早さ、動きのスピードがあれば
難しい打球でも普通に処理することができます。
これこそ、玄人好みのプレーなのだと思います。

そんなことに気づいた息子に驚くばかりです。
ケガでくすぶっていた間に読んだ本によって
練習だけでは気づかないところに気づいてくれた。

それが何より嬉しいです。


posted by 高校野球.com at 14:42| Comment(3) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
いい本読まれてますね〜。

うまい外野手が前に守備するのと同じ発想でしょうね^^

「怪我の功名」とはまさにこのことでしたね。
Posted by ゆう3 at 2009年10月23日 19:53
ゆう3さん、コメントありがとうございます。
たまたま今回のケガでは「怪我の功名」というオマケがつきましたが、
ケガの度にそんなオマケがついてくれたら
もっともっと野球が上手になるのですがね・・・。
これから寒くなります。
カゼなど引かぬよう受験勉強頑張らせてくださいね〜。
Posted by 高校野球.com at 2009年10月24日 07:44
こんにちわ〜

大変失礼ですが
ブログリンクさせていただきますね^^

よろしお願いします!
Posted by ゆう3 at 2009年10月25日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。