2009年10月28日

やってもうた〜守備で・・・

前回の続きです。


最終回のチャンスを見逃し三振でつぶした息子ですが、

裏の守備でもやってしまいました。


ノーアウト1塁で、

次打者の打球はショートの息子のところへ・・・。

誰もがゲッツーと思ったのです。


普段通りにキャッチングしたところまでは良かったのですが、

握り替えにワンクッションおく感じになってしまい、

少々焦ったと同時に足がカクッと

スパイクがグランドの土に引っかかったようにつまずき、

不自然な体勢のまま無理して二塁に送球・・・。

セカンドが取れない悪送球!!!


点差は2点。

ノーアウト1・2塁のピンチを招いてしまいました。

息子は照れ隠しなのか、足元の土をスパイクでならす真似。


最終回の攻撃での悪い流れがそのまま守備でも出てしまいました。

私は居ても立ってもいられない心境でした。


次打者は送りバント成功。

1死2・3塁。


次打者がライト前ヒットで、

一人生還。1点差に・・・。


1死1・3塁で、1塁ランナーが盗塁成功。

1死2・3塁に・・・。絶体絶命のピンチ!。


ここでピッチャー交代です。

センターから抑え役の選手がマウンドに。

次打者をキャッチャーフライに打ち取り、

2死2・3塁。

次のバッターを空振り三振に打ち取り、

なんとか勝利することができました。


この日の息子はいい所が全くと言っていいほどありませんでした。

守備でアピールしなければならない選手です。

監督もそれを考慮して最終回の打席にピンチヒッターを出さずに

息子に打たせたのだと思います。

なのに、肝心の守備でミス・・・。


前途多難ですが、やるしかありません。

これからはトレーニングも本格化し、

身体作りも頑張らなければなりません。


来春には息子を脅かす新入生も入ってくることでしょう。

いろんな事を考えてしまいます。


女房に話したら、考えすぎと言われました。

なるようにしかならないんだから・・・と。

好きな野球が出来る喜びを胸に

前向きに頑張ってくれたらそれでいいのですよね。



マクロミルへ登録
posted by 高校野球.com at 12:50| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。