2010年08月24日

秋季大会めざして

ウチの息子のチームですが、

夏休みの練習試合では

さっぱり結果が伴いませんでした。

ようやく先週末あたりから

打つべき人が打ち始めて

なんとか試合になってきました。


春のセンバツにつながる

秋季大会も来月から始まります。

地区予選から始まり、全県大会、

そしてブロック大会で活躍すると春のセンバツです。


今のところ、全くセンバツの可能性はありません。

全県すら出場は厳しそうです。


今までそこそこ強豪のひとつとして数えられていた

息子の学校ですが、

どうも、息子の代はここ数年のうちで一番弱いかもしれません。


そんなに毎年強い学校もないでしょうから、

しかたありません。



今はなんか試合を見てても応援に力が入りません。


と言うか、勝ち負けよりも内容を見るような

そんな冷静さがあって、自分でも不思議な気持ちですね。

とにかく毎試合課題が山のように出てくるので、

それをどうやって克服していくのか、

監督、選手の成長が見ものです。



来年の夏までに勝てるチームになってくれたら

それでいいのです。

春まではどうでもいい・・・というわけにはいかないでしょうが、

それくらい夏は特別なのです。


特別な夏にこそ勝ってほしい。勝ち続けてほしい。

そう思います。
posted by 高校野球.com at 00:04| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。