2011年08月25日

高校野球を引退して


息子は高校野球を引退して1ヶ月が過ぎました。

今は野球以外のスポーツに熱中しています。

バスケットボールにサッカー。

学級対抗に出るために、クラスの仲間と放課後や休日に練習をしているのです。


アキレス腱がやばかった息子ですが、今はもう何ともないようでひと安心です。

毎朝テーピングをした日々が懐かしいですね。遠い昔のように思えてきます。


息子はもう硬式野球はしないつもりです。

野球は好きですが、本気モードの野球はもう満腹だそうです。

将来はスポーツ関係に携わった仕事、特に野球に携わった仕事がしたいとのことで、

色々と専門学校を探しているところです。


親の私としては、できるだけお金の掛からない選択を希望しますが、

どんな選択をしたとしても精一杯息子を応援していきたいと思います。



もしよかったら【無料プレゼント】を受取ってください。




posted by 高校野球.com at 16:45| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

最後の夏


息子の最後の夏が終わりました。


背番号6を背中に背負って、忍者のようにショートゴロをさばいてスローイング。

カッコいいと正直思いました。

ゲッツーを何度も成功させ、笑顔で走ってベンチに戻る姿。

本当にカッコいいと何度も思いました。


守備では大会を通じてノーエラーでした。


課題のバッティングですが、大会通じて、打率が5割を越しました。


犠打や四死球もあったので打数はクリーンナップの人よりは少ないものの、

打てる打席で結果を残したことは誇れると思っています。

チーム打率2割8分くらいでしたから、息子の5割は十分打撃で貢献したと言えると思います。


昨年はセカンドでレギュラー。今年はショートでレギュラーでした。


息子の高校野球はケガとの戦いにもなりましたが、

よくここまで成長してくれたと思います。

そして、最後の大会でも十分に活躍してくれました。


甲子園は叶いませんでしたが、私はもう十分すぎるくらい感動をもらいました。

満足です。

このあとのことは、これから考えます。

posted by 高校野球.com at 09:03| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

無事進級



かなりのご無沙汰でした。

なんとか3年生に進級することが決まり、親子共々ホッとしているところです。

これでようやく野球に打ち込める状況になりました。


春の練習試合がもう始まっていますが、

息子はショートでスタメンが固定されている状況ですが、

打順は2番だったり9番だったり、1番だったりその日によってマチマチです。


打撃はあまり芳しくありません。

打席に立っても全く打てる雰囲気がないのですが、

不思議なことに、試合になると1試合に1本か2本の安打を記録するのです。

そのうち半分がセーフティバント安打です。

相手が県外チームの場合、サードが思い切った前進守備をしないからでしょう。

県内チームが相手だと、かなりの確率でサードが警戒してきます。

その網を掻い潜ってバント安打にするのは難しいです。


やはり、クリーンヒットが欲しいところです。

ヒットでなくても、相手がオッと思うような鋭い打撃をしなければ

舐められてしまいます。


チャンスに息子の打順だと私としては気が気ではないのです。

いつ代打を出されるか心配でしかたありません。


とりあえず、守備の要ではそこそこ無難にやっていますが、

そこでミスでもしようものなら、即交代させられてしまいます。

息子の代わりはチームにはたくさんいるのです。


春休みの今やるべきことをしっかりやって、

残された高校野球生活の4ヶ月間を

悔いなくプレーしてもらいたいですね。




posted by 高校野球.com at 16:02| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

秋季大会めざして

ウチの息子のチームですが、

夏休みの練習試合では

さっぱり結果が伴いませんでした。

ようやく先週末あたりから

打つべき人が打ち始めて

なんとか試合になってきました。


春のセンバツにつながる

秋季大会も来月から始まります。

地区予選から始まり、全県大会、

そしてブロック大会で活躍すると春のセンバツです。


今のところ、全くセンバツの可能性はありません。

全県すら出場は厳しそうです。


今までそこそこ強豪のひとつとして数えられていた

息子の学校ですが、

どうも、息子の代はここ数年のうちで一番弱いかもしれません。


そんなに毎年強い学校もないでしょうから、

しかたありません。



今はなんか試合を見てても応援に力が入りません。


と言うか、勝ち負けよりも内容を見るような

そんな冷静さがあって、自分でも不思議な気持ちですね。

とにかく毎試合課題が山のように出てくるので、

それをどうやって克服していくのか、

監督、選手の成長が見ものです。



来年の夏までに勝てるチームになってくれたら

それでいいのです。

春まではどうでもいい・・・というわけにはいかないでしょうが、

それくらい夏は特別なのです。


特別な夏にこそ勝ってほしい。勝ち続けてほしい。

そう思います。
posted by 高校野球.com at 00:04| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夢破れる

各地で熱戦が繰り広げられていますが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか。



息子の高校は夢破れ、失意のどん底に突き落とされました。

去年の敗戦とは一味も二味も違った無力感に陥っています。


本当に夏の大会はシードだろうがなかろうが関係ありませんね。

春の結果は春までの結果。

夏の大会は全く別物と考えなければいけません。

シード校と言えども足元をすくわれる試合が

全国各地で繰り広げられている事実。

これが高校野球なのですね。



息子の高校は、

3年生が最後の大会だという気持ちの高ぶりからか、

それまでの試合では考えられないエラーが頻発し、

自滅した形になってしまい、

悔やんでも悔やみきれない最悪の結果となってしまいました。


ウチの息子含む2年生は逆にそういった高ぶりもなく、

普段通りのプレーがそつなくできたのは良かったのですが、

あの偉大な先輩たちが・・・という思いが強く、

息子もショックを隠し切れませんでしたね。


本当に良いチームでした。

ピッチングスタッフも揃い、

俊足の選手も多く、

ミートの上手い選手、長打が注目の選手、

守備も鍛えられたチームでした。


でも、接戦ではミスの出たチームは負けるのです。



本当に悔しいです。

去年もそうでしたが、

勝てる試合、勝たなければならない試合を

ミスで負ける。



本当に悔しいです。



秋も春も大会がありますが、それはそれ。

秋は甲子園につながる大会ではありますが、

それでも

夏にこそ勝ちたいです。

頂点に立って甲子園に行きたいです。


敗戦が決まった瞬間、

選手たちを見ていた私まで泣けてきて

なんとも・・・。



これが高校野球なのですね。


posted by 高校野球.com at 17:14| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

いよいよですね〜

組合せも決まり、

激励会も行なわれ、

一ケタ背番号もいただき、

いよいよ本番を待つのみです。


春季県大会後は、ほとんど負け知らずです。

練習試合の相手のレベルにもよるのですが、

負けないのです。

劣勢でもなんとか同点に追いつき、引き分けに。

チームとしてやるべきことが明確になってきたのでしょう。

全てはチームの勝利のために、

ベンチ内の選手もベンチ外の選手も一体となって

勝利に向けて集中している姿勢が感じられます。

これこそが高校野球・・・そんな印象です。


とにかく、残された時間を悔いなく過ごし、

試合本番では今まで通りベンチ内・外が一体となって

目の前の勝利に向けて頑張って欲しいですね。


息子は2年生ですが、

3年生と同じ気持ちになっていると思います。

これが最後の試合、これが最後の打席、これが最後の・・・。

常に、目の前のことに集中して

できることを精一杯やってほしいですね。


1試合でも多く素晴しい球場で試合ができるように。

息子はたまたま運よく背番号をもらってプレーできますが、

戦うのはチーム全員なのです。

チームを代表してプレーさせてもらっているのです。

ひとりではないのです。

1年生から3年生までのチーム全員で戦っているのです。

みんなから勇気をもらって、

精一杯のプレーをしてもらえればそれで満足です。



posted by 高校野球.com at 18:05| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

甲子園予選まであと1ヶ月

あと約1ヶ月で夏の甲子園県予選が始まりますね。


最近の息子はセカンドでスタメンがほぼ固定されています。

打順はもちろん下位です。8番か9番です。


私が見に行った日曜日の練習試合では

2試合ともレフト前クリーンヒットを打ち、

私としては嬉しい限りです。

第一試合はセーフティバント安打を含む2安打。

第二試合は1安打でしたが、

上出来です。



土曜日の練習試合でもセンター前に

タイムリーヒットを打ったそうなので、

2日続けて結果を出しているなんて驚きです。



そうそうヒットなんて打てませんよね。

だいたい息子の場合は、ランナーがいない時に限り

自由に打てるわけで、

ほとんどの場合、

ランナーをいかに進めるか、が大事な仕事になるのです。

少ないチャンスにヒットを打てたことが何より嬉しいです。


夏の予選ではとりあえずシード権を得ていますから、

いきなり優勝候補と対戦ということはありませんが、

ノーシード校でも侮れないチームはたくさんあります。


それに夏の大会は全く別物ですよね。

春の結果はそんなに参考にならないと思っています。

何しろ、気迫が全然違います。

バッティングのスイングスピードが全然違います。

1回戦や2回戦で敗れたチームの下位打線でも、

きちんとヒットを打てるようなスイングができるようになるんです。

しかも、粘り強いです。簡単にあきらめません。


去年、強豪が敗れた試合を見ましたが、

いかに気持ちが大事かすごくわかりました。


ですから、組合せはどうあれ、

気を抜くことなく常に決勝戦のつもりで

気迫と集中力を持って戦ってもらいたいですね。


まだまだ盛り上がるには早いのですが、

3年生はあと1ヶ月で勝負の夏が始まります。

一生のうちで一番濃い夏になったらいいですね。
posted by 高校野球.com at 12:55| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

早いものですね〜

早いものですね〜
あれから1年経ったんですね。
緊張しながら先輩たちにグランド整備やら
野球部応援やらを教えてもらい、
たまにノックを受けさせてもらい、
ベンチの端っこで声を張り上げ
たまに試合に出させてもらい・・・
骨折3度、筋肉痛と腰痛は当たり前、
そんな1年があっという間に過ぎていきました。

新1年生に今度は教える立場になり、
それなりに先輩風を吹かせているのでしょう。
最近の試合ではセカンドでスタメンがほとんどです。
ようやくヒットが打てるようになってきました。
それなりにスイングスピードが上がってきたのだと思います。
ボールを今までより長く見られるようになったのかもしれません。
とにかく試合で結果が出ることで小さな自信が芽生え、
さらに結果を出すことで少しずつ自信が膨らんできているように
親のひいき目で見て感じる今日この頃です。

今年の夏はレギュラーの座をゲットできるかもしれません。
ケガがないことを祈るだけです。

posted by 高校野球.com at 12:35| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

竹バット


皆さんご無沙汰です。

特に記事したい出来事もないまま

こんなに時間が経ってしまいました。


昨日、竹バットを買いに行ってきました。

学校から支給された竹バットが折れてしまったからです。

自分で持っていたバットも折れてしまったので、

練習に支障をきたすということで、

練習後、急遽買いにいくことになりました。


バットが折れるほど練習したことを認めるべきか、

ミートポイントを外すことが多いから折れるのか、

そんなことは、はっきり言ってどうでも良いのです。


苦手なバッティングに取組んでいる事実がなければ

バットは折れません。

それくらい頑張っていることが嬉しいです。


オーダーグラブもだいぶなじんできたようなので、

春の訪れが待ち遠しいですね。


トレーニングだらけでつまらない冬を乗り越えれば、

気持ちがウキウキする春がやってきます。

あと、1ヶ月の辛抱です。



posted by 高校野球.com at 12:42| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

やってもうた〜守備で・・・

前回の続きです。


最終回のチャンスを見逃し三振でつぶした息子ですが、

裏の守備でもやってしまいました。


ノーアウト1塁で、

次打者の打球はショートの息子のところへ・・・。

誰もがゲッツーと思ったのです。


普段通りにキャッチングしたところまでは良かったのですが、

握り替えにワンクッションおく感じになってしまい、

少々焦ったと同時に足がカクッと

スパイクがグランドの土に引っかかったようにつまずき、

不自然な体勢のまま無理して二塁に送球・・・。

セカンドが取れない悪送球!!!


点差は2点。

ノーアウト1・2塁のピンチを招いてしまいました。

息子は照れ隠しなのか、足元の土をスパイクでならす真似。


最終回の攻撃での悪い流れがそのまま守備でも出てしまいました。

私は居ても立ってもいられない心境でした。


次打者は送りバント成功。

1死2・3塁。


次打者がライト前ヒットで、

一人生還。1点差に・・・。


1死1・3塁で、1塁ランナーが盗塁成功。

1死2・3塁に・・・。絶体絶命のピンチ!。


ここでピッチャー交代です。

センターから抑え役の選手がマウンドに。

次打者をキャッチャーフライに打ち取り、

2死2・3塁。

次のバッターを空振り三振に打ち取り、

なんとか勝利することができました。


この日の息子はいい所が全くと言っていいほどありませんでした。

守備でアピールしなければならない選手です。

監督もそれを考慮して最終回の打席にピンチヒッターを出さずに

息子に打たせたのだと思います。

なのに、肝心の守備でミス・・・。


前途多難ですが、やるしかありません。

これからはトレーニングも本格化し、

身体作りも頑張らなければなりません。


来春には息子を脅かす新入生も入ってくることでしょう。

いろんな事を考えてしまいます。


女房に話したら、考えすぎと言われました。

なるようにしかならないんだから・・・と。

好きな野球が出来る喜びを胸に

前向きに頑張ってくれたらそれでいいのですよね。



マクロミルへ登録
posted by 高校野球.com at 12:50| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。