2009年07月02日

『背番号19!』


息子が高校野球を続けてくれることが

親としては何より嬉しいことなのですが、

なんと、

夏の大会にベンチ入りできることになりました。


1年生で背番号をもらえるとは思いもしませんでした。

『背番号19!』

記念すべき『背番号19』です。

記憶に残る『背番号19』です。


息子にとっては通過点と思っているのか、

それほど感慨に耽っている様子はありませんが、

親にしてみたら、最高に嬉しい『背番号19』です。


3年生や2年生のたくさんの先輩達を差し置いてのベンチ入りです。

息子は、ベンチに入れなかった先輩達の「悔しさ」を

正面から受け止めなければなりません。

背番号の重みを感じる感性を持たなければいけません。

その上で、自分ができることを精一杯全力でしてもらいたいです。



高校球児あこがれの甲子園につながる、夏の地方予選大会。

今から開会式の入場行進が楽しみです。

posted by 高校野球.com at 12:58| Comment(4) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

完治しました。

疲労骨折ですが、

先週の月曜日に医者からOKのお墨付きを貰いました。

火曜日からノックを受けているようです。

週末の練習試合では出番が無く、バットボーイのみでした。

ケガが治ったばかりの1年生なのですから

ここは我慢するしかありませんね。



ショートのレギュラーである3年生は打撃の調子が上向き、

第二試合ではシングル2本にツーベース1本。

いずれもきれいに三遊間・左中間に流し打ち。

最終打席は完璧に引っ張ったもののライトバックして好捕。

内容的には4安打という感じで、

いいお手本でした。

本人が先輩の打撃をどう見て感じたのかわかりませんが、

ウチの息子が目指すバッティングはこんな感じだろうと思いました。



私が3年生レギュラーの彼のバッティングを見た感覚では、

バットを振るのではなく、

しっかりミートすることを心掛ける感じ。

フォロースルーはミート後の流れで付いてくるイメージです。



打てない時はバットを振ることに一生懸命になりますが、

そうではなく、

いかにミートするか、どうやったらミートできるか・・・だと思います。

金属バットですから、しっかりミートできたら

ボールは飛んでいくように思います。

もちろん、ホームランというイメージではなく、

三遊間を抜けるヒットや左中間を破るヒットのイメージです。



頭で考えたら何でもできそうに思いますが、

実際はそんなに簡単なことではないのですよね。

やってる本人だっていろいろ考えているのでしょうが、

見ていると、どうももどかしくてしかたないのです。




posted by 高校野球.com at 15:51| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

疲労骨折!

足の甲が痛いことは前にお話しましたが、

なかなか良くならず、腫れも引かないため、

別の整形外科に連れて行きました。

疲労骨折とのこと。

痛みが出た当初はレントゲンに写らなかったのでしょう。

だいぶ治りかけているそうなので、

くれぐれも無理はしないようにと言われてきました。


少し良くなってノックを受けていたのが

いけなかったのだと思います。

1週間で骨は完治するだろうと思いますが、

さらに1週間はリハビリということになりそうです。

無理は禁物とわかっていても

自分なりに良くなったと思えば動きたくなるのですね。

このあとは自然治癒力にまかせるしかありません。

とりあえず上半身強化週間ということです。


息子の高校野球は始まったばかり。

まだまだ先は長いです。

これを教訓にして、

できることを精一杯頑張ってもらいたいですね。


『人間万事塞翁が馬』というたとえもあります。

前を向いて、全てがプラスだと言い聞かせていきたいです。
posted by 高校野球.com at 12:43| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

血染めのユニフォーム



土日とも練習見学に行ってきました。

守備練習では2人の3年生に混ざって

ショートのポジションで練習をしてました。

キャッチャー前のバントゲッツーの練習の時、

キャッチャーからの送球が低く

しかもイレギュラーしたものですから、

まともに息子の右手指先にボールが当たり、

小指の指先が裂けたようです。(後で見たらほんの少しでした・・・)

すぐにボールを拾い、ファーストへ返球。

その後、指を見つめる息子。

血が止まらないようで、しきりにユニフォームで拭いていました。

幸いにも突き指はしなかったようですが、

拭いても拭いても血が止まらず、

ユニフォームのズボンは血だらけ状態でした。



それほど痛いそぶりもせず次のプレーに集中している息子でした。

傷の程度はともかく、血を流すくらいの傷が痛いことよりも

血で送球がそれるのを心配している息子の血だらけのズボンを見て

ずいぶんたくましくなったものだと感動してしまいました。


夏の予選を約50日後に控えているこの時期に

1年生でレギュラー争いに加わっていることは驚きです。

と同時に誇らしくもあります。

恐らくベンチ入りは無理でしょうが、

学年を問わずほとんどの選手がグランド外や

室内で基礎練習等をしている中、

グランドで実践練習をさせてもらっている息子は幸せです。

いろんなことを吸収してうまくなってもらいたいです。


posted by 高校野球.com at 12:59| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

同じ高校1年生で・・・


東京の伝統強豪校である帝京高校の

1年生ピッチャーが注目を集めているようです。

身長185cmの長身から144キロの速球と

129キロの高速スライダーを投げるそうです。

同じ高校1年生で、こんなにも違うものなのですね。

ウチの高校に入学してくれたら、間違いなくエースですよ。



息子は先日の練習試合のあと、右足の甲に痛みが出てきたので、

昨日、病院に連れていきました。

レントゲンの結果、骨に異常はなかったようで、ひと安心です。

では、何で痛みが?ということですが、

どうやらスパイクの紐を強く結びすぎたのでしょうとのこと。

本人もきつく結んだ方が足が固定されて走りやすいので、

今までもきつめに結んでいたそうです。

とにかく痛みが無くなるまで、

無理をしないで・・・などと親は考えますが、

本人はもう大丈夫と意気込んでいます。

監督の指導・指示に任せることにします。


posted by 高校野球.com at 10:33| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

練習試合でスタメン

土・日のAチーム練習試合3試合に息子がスタメン出場しました。

8番ショートで出場。

私が見たのは1試合だけ。

相変わらずバッティングは芳しくないのですが、

守備ではノーエラーを継続中とのこと。


但し、目に見えないエラーはある模様です。

例えば、ショートとレフトの中間ややショート寄りのフライに

追いつけなくてヒットにしたり、

三遊間のゴロ、スタートがよければ追いついたはずなのに

判断が遅く、飛び込んだにもかかわらずレフト前ヒットにしたり…。

たぶん上手なショートならアウトにできたであろう打球を

ヒットにしてしまったことが悔やまれるのでしょう。


試合は終盤になると試合を決定づけるチャンスが結構あるもの。

その度に息子の打順で代打が出てお役ごめんとなったようです。

7回まで出場が2回、6回まで出場が1回ということです。


欲を言えばきりがありませんが、

1年生で試合に出してもらえるだけで、相当運がいいです。

各学年で20人以上いるので総勢70名弱の大所帯のチームで

1年生がAチームの練習試合に出させてもらったのは

息子を含めてたったの2人だけなのですから。

もちろん、夏の大会でのベンチ入りは望めないでしょうが、

秋からのベンチ入りには着実に進んでいるようです。


バッティングさえ良くなれば鬼に金棒なのですが・・・。




posted by 高校野球.com at 17:36| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

雨天練習

雨の日は室内練習場で練習をするのが常ですが、

先日の雨の日、息子たちの高校はグラウンドで練習をしたようです。

どぶネズミのような姿で帰って来た息子を見て、

とっさに全県大会の敗退シーンが頭をよぎりました。

ぶざまな試合に対する監督の檄なのかもしれないと思ったからです。


夏の本番では、多少の雨でも日程の都合で

強行する場合があるようですね。

時には最悪のグラウンド状況で練習するのは、

技術的なことはともかく、精神的にもいい練習になると思います。


聞くと、ノックもいつも通りやったそうです。

さすがにケガを心配しましたが、

幸い自分も含めてケガ人はなしということで、

とりあえずホッとしました。


ユニフォームやストッキングにソックスは

まるで手作業で田植えをしてきた人のようです。

スパイクは見てませんが、見るまでもありません。


我が家では毎日私がユニフォームを洗うのですが、

この日はさすがに参りました。

固形石鹸で手洗いをする前に、念入りに泥を落としてから

ゴシゴシと洗うのですが、なかなか落ちません。

手洗いはほどほどにして洗濯機に入れて洗いました。

完璧に白くする必要はありませんから、

とりあえず洗濯機の能力任せと開き直るしかないですね。






posted by 高校野球.com at 16:55| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

春季県大会

春季全県大会に出場できた息子の高校でしたが、

残念ながら2回戦で敗退しました。

息子は地区予選、全県大会とも

当然ながらスタンド応援でした。

メガホン片手に先輩達にしごかれただけあって

なかなかの応援でした。

もっとも応援がすごいからって

何かの評価が上がるわけでもありませんが・・・。


息子は先日の2軍練習試合で途中出場を果たしました。

代走で出場し、守備も無難にこなしました。

打席では初球セーフティバントを試みましたが、

空振り、ランナーが飛び出してタッチアウト。

そんなこんなで高校初試合を経験することができました。


少しずつではありますが、

高校野球に息子が馴染んできているのを

ひしひしと感じる今日この頃です。


あと2ヶ月位で3年生の夏は終わるでしょう。

もし、甲子園に行けたらさらに1ヶ月延びるでしょうが、

果たしてどうでしょうか。

春季大会を見る限り、厳しい状況と思わざるを得ません。

しかし、夏の大会は何が起こるかわかりません。

春季全県大会に出場できなかった高校が

夏の大会で活躍するケースはいくらでもあります。

このあと練習試合も多く組まれているようです。

夏の大会での活躍と悲願の甲子園初出場を目指して

全部員一丸となって頑張ってもらいたいです。

それの雰囲気を息子なりに感じて、

今後の野球人生にプラスになれば言うことなしです。










posted by 高校野球.com at 08:37| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

朝練習

今週から毎朝、朝練習のため6時に家を出ています。

練習…と言っても、1年生は声出し練習のようなものらしいです。

声が小さいと、個人だけでなく、連帯責任で全員が、

罰としてダッシュやら腕立て伏せやらをやらされているようです。

もっぱら指導役は2年生で、かなり厳しいらしいですね。

声出し練習が終わったら、グランド整備をして学校へ…。

そんな毎朝ですが、先輩達はしっかり室内練習場で練習。

こんなことも高校生活の1ページとして思い出に残るのでしょう。


放課後も1年生は最初のキャッチボールのあとは

トレーニングをしたりティーバッティングをしたり、

声出しをしたりしているようです。

幸い息子は3年生2人に混ざってショートのポジションで

ノックを受けることができているそうです。

また、上級生に混ざって

バッティング練習もさせてもらっているようで、

この高校の1年生の中では

いい練習をさせてもらっている選手の一人です。

とてもありがたいことです。

が…、かなり無理をしているのも事実です。

もう足がパンパンで、

毎晩入浴後に行なうストレッチだけでは足りず、

私が足のマッサージをしているんですよ。

素人なりに一生懸命やってますが、

逆に悪くならないか心配してます。

まぁ、それでも気持ちよさそうに寝てしまうくらいだから

良しということにしています。


今の所、どんなに眠くても、翌朝早くても

机に向かって勉強をする習慣をつけようと必死です。

やっている中味はわかりませんが、

とりあえず机に向かっていることは事実です。

それだけでも、たいしたものだと思っています。

週末はレギュラー組の先輩たちとは別行動になるのか

わかりませんが、

集中力を保ちながら、いい練習をしてほしいなぁ…と

思います。




最新「筋トレ無料講座」



.
posted by 高校野球.com at 12:01| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

他校の1年生

近頃、他校では練習試合などで新1年生が出場してる…

なんて噂が聞こえ始めています。

ウチの高校ではまだまだそんな雰囲気はありませんし、

今のところ1年生部員はほとんど基礎トレーニングが中心で、

練習試合などで先輩たちが他校へ行ってる時に集中して

ノックやバッティング練習を行なっているようです。

ケガをしている2年生の先輩がもっぱら1年生の教育係です。

そして、ノックをしてくれるのは主にコーチの方です。

ウチの息子はとりあえず、

先輩に混ざったり1年生のみんなと一緒だったりしながら

ノックを受けてます。

でも、試合にはまだ出させてもらってません。

部員数が結構多い上に、

とびきり凄い1年生がいるわけでもないので、

しかたないですね。

夏までに体力作りと基本練習を繰り返して

秋のデビューを目指して頑張ってくれたらいいと思います。

先日、右の脛にボールが当たったらしく、

青アザを作って、足を引きずっていました。

今はまだまだこんな感じなんですよね〜。
posted by 高校野球.com at 07:21| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。